人気ブログランキング |

パルシステムのある生活♪

hogelili.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 20日

「東日本大震災」の記録(その1)~水戸

震災から1週間が経ったので、忘れないために、記録を残しておこうと思う。

【3月11日(金)】
持参したお弁当を職場で食べて、自分のデスクで午後の仕事をしていた。
午後2時46分、地震発生。「あれ、いつもより揺れてる?」「長いね~」なんてのんきに上司と話しているうちにどんどん揺れが激しくなり、机の上のモノが落ち始めたところで「これはただ事ではないかも」と思い、真剣に机の下に隠れた。その間も、モノは落ち、建物の警報は鳴り響き、停電し、壁の収納はドアが開き書類は雪崩のように・・・

一瞬地震がおさまり、「すごかったですね・・・」と上司としゃべりながら書類を拾い始めると、誰かが「余震が来るから外に出た方がいい」と。その言葉のとおり、強い余震が何度も来た。とりあえず、避難経路を確保するためドアガールになる私(ドアがスチール製で重いので、誰かが押さえていないといけない)。。。しかし、余震は相変わらず激しく、「これは全員外へ避難した方がいい」と同僚の中にはコートを着込んで外に避難する人が出始めた。ここで初めて、私も自分の上着と、バッグを取りに部屋へ戻り、完全に帰宅できる格好で、外へ避難した。私の職場は5階建ての2階で、外へはすぐに出られるのだ。

外へ出て、建物を見ると、揺れの度にガラスがしなり、外壁は一部崩れ落ちている。近くのスーパーマーケットは停電し、客が外へあふれ出ていた。職場の入っている建物からは、次々に人々が避難してきていた。これは、普通の地震じゃない。何か大きなことが起きたんだろう。コートなしでは寒くてぶるぶる震えている人多数。

そうだ、電話!ダンナはどこにいるんだろう?と、電話をかけてもつながらない。こういうときは電話よりもメールの方がいい、と聞いたこともあるし、とりあえず「私は無事です」というメールをダンナに送ろうとしても、全然つながらず・・・いったい何が起きているのか?どんな地震なのか、停電しているので情報が分からない。誰かがケータイのワンセグで、仙台の方が震源で、震度7らしい、すごい津波が来ているらしい、と教えてくれた。

地震から45分経過した15時30分ごろ、私のケータイが鳴る。愛知に住む弟からだった。
開口一番「あれ?つながった!」という弟。何度もかけて、やっとつながったらしい。
彼はテレビで地震の情報を見て、心配して電話をかけてきてくれたのだ。
「東北で震度7で、茨城は震度6強(実際は水戸は震度6弱だった)。銚子では津波で船がひっくり返ってるのがテレビに映ってるし、そっちは大丈夫かと思って」と。とりあえず、私は無事だということと、八戸に住むもう一人の弟と、実家の両親の安否確認をお願いして、電話を切った。いつケータイの充電ができるかわからないので、電池を節約しなくては。

それからどのくらい外にいたんだろう?
何度かダンナにメールを送ろうとして、やっと届き、「無事だ」という返事をもらい、とりあえず安心する。

余震は相変わらずで、自宅も心配だし近くに住む義妹家族も心配。そして義実家も・・・だんだんいろんなことが気になりだす。上司が「ほげさん、家が心配だろ?徒歩で帰れるんだからもう帰れ」と言ってくれた。ありがたく、帰らせてもらった。



帰宅途中、家までは約10分なのだけれど、信号は停電で止まり、交差点を車が徐行しながら通る合間をぬって横断歩道を渡る。
道路はところどころ陥没したり隆起したりで足元に気を付けないと歩けないうえに、上も注意しないといけない。あちこちの家のブロック塀は崩れ、瓦が落ちている。電線が垂れ下っているところもあった。はやる気持ちを抑えながら、余震によろけながら、てくてく歩いていると、中学生が上履きのまま下校している。靴のある昇降口に近づけない状況だったそうだ。

後ろから来た車が歩く私の横に止まった。義妹の車だ。家にいるとばかり思っていたのに、外出していたという。義妹がハンドルを握ったまま、泣きながら恐怖を訴える。後ろには甥っ子と姪っ子が乗っていて、とりあえずみんな無事だった。それだけでも、良かった。
とりあえず、落ち着いて家まで運転するように言い、再び家に向かって歩き始めた。

3月19日で築1年を迎える我が家。とりあえず、塀や門扉に被害は見られない。一部コンクリートにひびが入っていたけど、これはすぐに修復できるだろう。植木鉢が割れていたけど、これは別にどうでもいい。

玄関は、ちゃんと開いた。
中に入ると、玄関タイルが一部はがれ、粉々になっている。玄関脇の収納庫に入っていた酒瓶たち(20本くらいあるだろうか)は、なんと1本も割れていなかったのは奇跡だ。

家の中は、引き出しと言う引き出しはすべて開き、棚におさめていた本は落ちてすっとんでいた。
生ごみ処理機も倒れていた。
一番の被害は、キッチンの上の換気扇のパネルが落ちて、床にがっつり傷がついたことだろうか。
お皿は、これも奇跡的に、割れたのは一枚だけ。グラスも全部無事。グラスの入っていた扉が、開かなかったのが奇跡だった。新築祝いでいただいたバカラのグラスも無事。
そして、その扉は現在、いつ地震が来ても大丈夫なように、ひもで縛ってある(笑)
f0207146_14331647.jpg


テレビも倒れなかった。良かった・・・
停電はしているけど、昼間だから部屋はまだ暖かい。全館空調だから、夜は料理もできないだろう。水はまだ細く出ていたので、慌ててポットに水を汲んだ。今思えば、お風呂にも水をためればよかったのだ。ただ、そういう習慣がなかったので、飲み水しか考えていなかった・・・

とりあえず、引き出しをすべて閉め、本を拾い、スーツの上着を脱ぎ、ざっと部屋を片付ける。
ふと外を見ると、義妹が家の中に入らずに、車のところで座り込んでいるのが見えた。

(つづく)

by mokihana25 | 2011-03-20 15:04 | 茨城のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hogelili.exblog.jp/tb/15686685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「東日本大震災」の記録(その2...      パルシステム♪3月18日のお買いもの >>